Drawing Lines

Drawing Lines

EUKARYOTE 1F 2F


Information

EUKARYOTEでは6月7日(金)から6月30日(日)までの会期にて、久保田智広、畑山太志、三瓶玲奈によるグループ展『Practice_01: 線を引く』を開催いたします。

本展は3名の作家が約1年間におよぶ話し合いを続け、そこで生まれたトピックスを出発点に制作の可能性を広げるため、実践(practice)を重視し、自主的に企図されました。今回はその最初の成果として「線を引く」ことに焦点をあて、新たな作品展開を図ります。

・線を引く
国境や性別、風景、動植物、コップや椅子に至るまで、人がものや事柄を捉えようとするときに、境界は生まれ、私たちはその境界線を利用して世界を認識することができる。しかし、あらゆる位相で現在引かれている補助線は、暫定的であり、認識の違いや多くの取りこぼしが存在していることもまた確かである。

本展は既に引かれた複数の位相にある境界線を、それぞれの作家の視点から再度考察し、新たな描線を生み出す試みである。

価値観の生成過程に関心のある久保田智広はその揺れ動く基準線の引き直しに着目し、自然や生命、心など、可視の事物に対して不可視の領域が根本的に存在していると考える畑山太志は、物質と非物質の境界線を問い直す。また、三瓶玲奈は風景や静物をきっかけとして、人間の知覚が事物に与える輪郭線だけでなく、知覚にとって実在する線を見出だそうと試みる。線を引くというアクションは一つの領域を生み出し、またそれが新たな領域への補助線となっていく。
私たちはいま、どういった線を引くことができるのだろうか。

HOLIDAY

MONDAY

Opening Reception

2019.6.7(fri)18:00〜20:00

cooperation

Yutaka Kikutake Gallery
Shin YOSHIMURA

Graphic Design

Minori ASADA





MORE EXHIBITION


EUKARYOTE is an art space which has been established in Jingumae, Tokyo, in 2018. Within the concept of something more than an occurrence of art, there is an ever spinning contemporary coin of tangibility and intangibility, and it is this essence, this universal value held by artworks and artists, which is actively accepted but left behind.


PAGE TOP