YOUNG ARTIST EXHIBITION 2021

現在開催中

YOUNG ARTIST EXHIBITION 2021

EUKARYOTE 1-3F


Information

EUKARYOTEでは、4月16日(金)から5月9日(日)までの会期にて、「YOUNG ARTIST EXHIBITION 2021」を開催いたします。
本年度は乾真裕子、GILLOCHINDOX☆GILLOCHINDAEの2名によるグループ展となります。
表面上では緩慢と時間が流れながら、内側では誰もが否応無しに日常の転換を余儀なくされた2020-2021年、新しいパラダイムとともに今後のアートシーンを担うアーティストの表現が一堂に会する「YOUNG ARTIST EXHIBITION 2021」を是非ご高覧ください。

乾真裕子は、現代美術の重要なテーマの一つとしてフェミニズムを反映させた作品を制作・発表しています。 既存のアイデンティティの構造を超えた先へ関心を持つことから、彼女の制作にとって重要なのは自己批判的視線であり、フェミニズムを継承しクィア概念を用いるなど、リサーチを行い自身が登場する映像やパフォーマンスによって鑑賞者との対話を試みます。 昨年は東京藝術大学陳列館にて開催された企画展「彼女たちは歌う」において《月へは帰らない》を出展、本展では連作にあたる1点を加えて展示構成します。

自身の生育環境の中で親しんできたサブカルチャーと、ハイカルチャーをミックスさせることにより、サードカルチャーの創造を図るGILLOCHINDOX☆GILLOCHINDAEは、今後数年にわたり黒い獣の生涯を描く長編物語「獸」を、展覧会の形式を用いて展開していきます。 今年半ばに予定している物語0章発表の導入として、工業製品と絵画、伝統的なマテリアルである日本画の岩絵具・顔料を組み込むなど、形式の枠を超えて自律的に配置された、壮大な物語の一端とも言える新作のインスタレーションを発表します。

休廊日

月曜日

デザイン

HOO VOE


乾真裕子|Mayuko Inui

1997 大阪府生まれ
2020 東京藝術大学美術学部先端芸術表現科 卒業
2021 東京藝術大学大学院美術学部先端芸術表現専攻 在籍

主な展歴
2020「スティルライブ 2020」ゲーテ・インスティトゥート東京
「第6回平成藝術賞受賞者展」平成記念美術館 ギャラリー/東京
「彼女たちは歌う」東京藝術大学 美術館陳列館
2019「スティルライブ 2019」ゲーテ・インスティトゥート東京

受賞
2020 第6回平成芸術賞

GILLOCHINDOX☆GILLOCHINDAE

1999 東京都生まれ
2021 多摩美術大学絵画科日本画専攻 卒業

主な展歴
2020「Group WANK!」shibuya WWW/東京
2019「EPIC PAINTERS Vol.5」THE blank GALLERY/東京


MORE EXHIBITION


“EUKARYOTE”は、2018年に東京の神宮前に設立したアートスペースです。美術の発生より紡ぎ続けてきた現代の有形無形、その本質であり、普遍的な価値を持つ作品や作家を積極的に取り上げ、残していきます。


PAGE TOP